みんなでつくる 広葉樹の 床タイル
(限定100畳分。モニター販売開始)

敷くだけでお部屋の印象がガラリと変わる、床タイル。側面の凸凹に沿ってタイルをはめ込んでいけば、無垢の床が気持ちいい、明るく自然な空間ができあがります。いまある床を傷つけることなく、上から敷いていくので原状回復も簡単。賃貸でも安心の床タイルです。ご家族やお友達と、一緒に手を動かせば愛着もひとしお。完成した床の上を裸足で歩いてみたり、寝転んでみたり、コミュニケーションが広がるルームキットです。乾燥や加工に高い技術が求められる広葉樹は、適度な強度があるため反りにくく傷がつきにくいのが特徴。タイル側面に凸凹をつけることで、ズレにくくフラットな床面を実現しました。「DIYなのに本格派」な床タイル、ぜひ心地良いお部屋づくりにお使いください。

定価
¥12400 /畳(=1.65平米=0.5坪)(税別)
送料
  ¥900 /畳(=1.65平米=0.5坪)(税別)
   *モニター販売分100畳までは送料無料!
サイズ
縦30cm 横30cm 厚み1.5cm
素材
国産材の広葉樹を素材にしています。
・表面  ナラ(広葉樹)
・裏面  カルプ(耐水性等に優れた複合材)
生産地
秋田県北秋田市
つくり手
藤島 新

(藤島木材工業)

柔らかくて軽い針葉樹に対して、広葉樹の特徴は硬くて傷がつきにくいこと。ですが、曲がって伸びることが多いため、乾燥や加工がとても難しいんです。ご提案する「床タイル」は創業以来50年以上つくり続けてきたもので、広葉樹の耐久性を活かし、もともとは公共施設の床材として広く使われてきました。今回は、賃貸にお住まいの方でもお部屋のDIYに使えるように、とがった部分をなくすなど、扱いやすいよう改良をしてきました。これまではあまり使われなかった節の部分もうまく使うことで、逆にアクセントに。資源を無駄なく利用できることもポイントです。広葉樹の床タイルを通して、木の良さを知っていただければと心より嬉しいです。

  • 注文する
  • お問い合せ

img_main03

広葉樹のスッキリとした木目が印象的な正方形のタイルです。

img_main05

凹凸を交互にはめていきます。無塗装でお届けしますが、塗装をしてからはめても◎

img_main03

裏面は耐水性に優れたカルプというすべり止めの素材がついています。

img_main04

家族やお友達を一緒につくれば、お子様も嬉しい自然の足触りのお部屋が完成。

img_main04

年月が経って傷がつくこともありますが、それもまた味に。経年変化で愛着のわく床です。
  • 注文する
  • お問い合せ

HOW TO

作業時間
※おおよその目安時間です。
作業時間
●なし
●作業時間の目安は6畳にタイルを置くだけの場合は30分程度です。端の処理をする場合は1時間半程度が目安になります。
  • 端は手でタイルを折ったり、ノコギリでカット


    ブロックの側面にある凹凸部分をあわせながら、お部屋の隅から敷き詰めていきます。木材は湿気をすったり、はいたりしますので、若干の伸び縮みがあります。端の部分をぴったりはめたい場合は、裏返して曲げれば、ポキっと板をバラすことも可能ですので、簡単に小さなサイズにできます。きっちり詰めたい場合は、ノコギリなどでカットしてあげてください。木材は調湿作用があります。水分を吸う梅雨の時期など夏場は多少膨張します。部屋の端は2~3m隙間が空いているくらいが理想です。

  • ガタツキなどの対策方法


    もともとの床が凸凹しているときは、ホームセンターやインターネット通販で売られている不陸調整シートや新聞紙などで水平に調整した上に置いていくとがたつきにくくなります。凹凸がはまりにくいときは木を当てて、トンカチやゴムハンマーで叩いてはめ込めばOK。タイルの端は危なくないように全て角を落としてありますが、ご自身でカットされた部分については、仕上げにヤスリなどで削って角を落とすと安心です。

  • カビ・伸縮・お手入れについて


    防腐剤や防カビ剤は使っていない無塗装の自然の素材です。湿度の高い水回りでの使用などはタイルと床の間にカビが発生する可能性がありますので、お避けください。また直射日光にさらされると色褪せは生じるのも自然素材ならではです。広葉樹は硬いため、傷がつきにくいですが、無塗装の場合は水分に弱いため、何かこぼした場合にはすぐに拭き取るほか、どうしてもシミなどをつけたくない方は、市販の自然塗料(例:osumo)やミツロウワックスなどで使用前に塗装をされることをオススメします。


  • 注文する
  • お問い合せ